故鄉的土窯洞

2016年07月18日

居住著新式寬敞、溫馨間樸、休閒恬淡的單元房,裝修不是富麗堂皇,但生活已經是暖融融樂陶陶了,許是因為我流淌著前輩艱辛打拼的貧下中農的血液,時不時地想著故鄉那曾經生我養我哺育我的土窯洞——守望相助的兩孔老窯洞,溫暖的土炕、黝黑發亮的灶台,構成了一幅老式綿延的生活場景,雖然已經退化成歷史舞臺,成為遙遠的記憶,卻總是那麼刻骨銘心,揮之不去。

四面環山,隨著黃土高原地勢的起伏錯落有致,坑坑窪窪的土道連接著淳樸厚實的鄉下人家。這是生活在黃土高原老百姓經濟實惠、就地選擇的棲息之地。一把撅頭、一張鐵鍁、一身苦力、一股愚公移山的毅力大概就是祖祖輩輩挖掘窯洞的全部備料。我家的那兩孔坐北向南的土窯洞是父親一手挖掘的。父親的父親英年早逝,父親的繼父又賭又吸。哥哥和我的出生,使本來就擁擠的小土屋再也無法入住,開山挖窯洞勢在必行。父親挖窯洞的艱辛我只能想像,自打我有點記憶,我們就住在那兩孔土窯洞中。母親幹活麻利,收拾整理家三下五除二,性格暴躁,我們從來不敢在收拾好的土窯洞中亂抓亂扔。所以土窯洞在我的記憶中,除了有成群的老鼠作賤外,再就是乾淨整潔,特別是在平整的土腳地上灑了水,再一清掃,整個窯洞清清淨淨,散發著一股泥土的清香。在炎熱的夏季,感覺透心的涼,全身的爽。父親用浸透白灰水的抹布在土牆上連壁帶頂通塗一遍,使本來就採光很好的土窯洞更加亮堂。父親又用和了黑墨汁的水泥沿著土炕四周裹了兩尺多高的圈,形成了烏黑硬實的炕圍子。再在水泥圍子上貼一圈藍天碧野的風景畫。於是,整個炕顯得豔豔地別致,為土窯洞增添了亮麗的新鮮。於是我們倍感家的高檔,也因此感到高傲。


父親在我的記憶中,既是教書匠,又是受苦漢。因為白天在學校忙活,所以父親受苦的時間大都在每天天亮之前或月夜星燈下。常常是我在土炕上一覺醒來,父親的被窩已是空筒。春夏秋冬,父親早出晚歸,翻地鋤禾,送糞犁田。每一個有月的晚上,父親要麼去山上肥田——從山崖上刨下生土,攤開在坡地,父親認為那樣的坡地,來年的莊稼長勢好,相當於給地施肥,有沒有科學依據,我現在都不懂,但當年的父親就是那樣做的;要麼他一回回地從山峁溝窪揹運莊稼,或穀稈,或高粱穗,或挖好的土豆,或抜好的黑豆等,豆大的汗珠在月夜裡閃閃發光,彎腰駝背的身影現在想來歷歷如昨。後來,我稍大一點,因為好奇,在一次有月的晚上,緊跟著去揹運莊稼的父親,那種怕“鬼”的恐懼至今叫我毛髮直立。十來歲時,我便開始做起了力所能及的農活,如撒種,犁田牽牛繩,偶爾也背一棵白菜,或十幾束谷稈,路窄而陡,那種揹運的艱辛永遠記憶銘心。

土炕上,父親有時因勞累過度,叭叭地抽起旱煙,銜著煙鍋的他有時在自言自語:“抽一年旱煙也還比抽一盒紙煙便宜。”父親的旱煙是親手種植的,那種嗆人的煙味常常叫我咳咳不止。朦朧中,簡樸的窯洞、儉樸的父親鑄就了我勤勞樸素的個性,幼小的心靈囫圇吞棗地解讀了李紳的《憫農》兩首。


簡陋的土窯、斑駁的土壁、脫落的牆皮,處處滲透著父親這位莊稼人特有的文學智慧與才能。土牆上貼滿了父親字正腔圓、白紙黑字、情真意切的名言警句,或父親自己的人生隨筆感悟,橫平豎直,字如其人。什麼“不經一番寒徹骨,哪有梅花撲鼻香”、“貴子出自寒門,英才須經磨練”、“勤學好問,踏進公門”……這在莊戶人家的土窯洞中是很少能見到的文化氛圍,濃厚深沉,書香四溢。雖然那時不懂確切含義,但“好好讀書”的意願已在懵懵懂懂中形成。每逢陰雨連綿或父親感冒出不了地,他便盤腿坐在土炕上手不釋卷、眼不離書,靜靜地讀著一本又一本書,或晴或陰的表情投入著書中跌宕起伏情節變化。對我的影響也不知從什麼時候開始已經潛移默化了。愛上作文書、漫畫書,以及一本又一本地摘抄積累,見證著文學愛好的種子在我的心裡默默地生根發芽。以致於上師範後,遠遠遜色于父親的文學作品也還是常常在櫥窗內被展覽拜讀。歸根到底,得益于父親有意無意的耳濡目染。
  

Posted by 比類がない at 12:26Comments(0)

る意味がな

2016年03月15日



 すぐにクリックしてゲームを始めることもできるが、信一は、テーマソングを最後まで聴いた。何度聞いても感動的だと思う。どうして、こういう素晴らし鑽石能量水い歌がヒットチャートに上らないのかが、不思議でならなかった。しばらく余韻に浸ってから、マウスで隠しコマンドのある画面の一部分をクリックした。もう一度、テーマソングが始まった。今度も最後まで聞いてから、いよいよゲームを始める。
 ゲームとは言っても、あらかじめ決められたセリフが文章で現れるので、ほとんどは、その上を機械的にクリックするだけである。ときおり三つぐらいの選択肢が示されるのだが、これも、好き勝手なものを選ぶわけにはいかない。ゲームを最後までクリアーするためには、常に正しい選択をしなければならないのだ。
 信一はあらかじめ、インターネット上で、『天使が丘ハイスクール?完全攻略ページ』というサイトを探し出していた。すでにゲームを完全にクリアーした人間が、どこでどの選択肢を選ぶべきかという一覧表を作っているのである。
 信一は、その一覧表をプリントアウトして、パソコンの脇《わき》のドキュメント?ホールダーに留めていた。この前はうまくいかなかったが、今度こそ、万全の準備Espresso Coffeeを整えて、『紗織里ちゃん』をゲットすることができる。
 前回セーブしたデータをロードする。これで、この前の続きからプレイすることができる。インターネットで『Hゲー』関係のホームページを渉猟した時に、彼はゲームのセーブデータそのものをダウンロードできるサイトまで発見していた。つまり、そこからダウンロードしたデータを入力すれば、任意の場所からゲームを始めることができるのだ。労せずして、最後のご褒美であるHなCGだけを楽しむことができるわけだが、それでは、ゲームをやい。
 画面上では、主人公の男の子が、出会いを求めて学校の中や町を徘徊《はいかい》する。主人公の名前は、最初にゲームをインストールしたときに『荻野信一』に変えてあった。
『しんいちー。おっはよー!  』
 軽快なストリングスによる、爽《さわ》やかな感じのBGM。朝の通学路で、ショートカットの女子高生が、『信一』に声をかけてくる。椎名由美だ。主人公に一途《いちず》に思いを鑽石能量水寄せる、なかなか可愛《かわい》い子なのだが、残念ながら今回は、この子が本命ではない。画面に のマークが出ると、マウスをクリックして、次のセリフを出す。
『おっはよーじゃねえよ。おめーのせーで、昨日は寝不足なんだからな!  』  

Posted by 比類がない at 11:57Comments(0)

誘致されそう

2016年02月25日

ラブホテル、ソープランドなど風俗関連の業種を掌握し、地元かわさき川崎を拠点に手広くやっている[ハシヅメ]の歴史は昭和初期にはじまる。
当時、地元のやし香具師と繋が鑽石能量水りのあった祖父の代から、食うに困った女性を受け入れるために、公式買春宿一号店[カフェー喫茶はし橋]が創立された。
以後、時流の変化や風営法改正にも負けず、暴力団傘下にになっても断り続け、「働く女性と悩める男にやさしい、明るくクリーンな風俗店経営」 をポリシーに、そこそこの繁盛を見せている。
実際その業績を裏づけるように、橋爪家の男たちはみな働き者で精力的だが、そのワーカホリックぶりがたたり、祖父は十五年前に他界、恭司の父であった先代も三年前に心臓を患って引退した。
そうして三代目はぼんくらと言われる定説を覆(くつがえ)すように、最も仕事熱心であるのが恭司だと、業界でも有名ではある。ただし、逐一自分の目で確認しなければ気鑽石能量水 騙局の済まないワンマンぶりと、やや一本気に過ぎるのが、玉にきず瑕というのもおおむ概ねの評判だった。
『だいたい、先々代の時代と、いまと、どれだけ規模が違うと思ってんですか』
営業が軌道に乗るまでは、どうしても自分の管理下に置かずにいられないのは、恭司の悪い癖だった。自覚もしていて、居直っているからなおタチが悪い。
おまけに、とある事情でやや予定よりも急な開店だったため、いまだにこのホテルには責任の取れる管理職が据えられない状態で、いよいよ恭司のお出かけ好きに言い訳を与えてしまっている。
「―――さて?」
『さて……ですか……?』
むろん自身の会社の歴史も店舗数も、知っていながら空々しくうそぶいた恭司は、このあと続くだろう渋沢のねちねちとした嫌味から逃げるべく、電話を耳から遠ざける。
『ご存じないようですから申し上げますね。いまじゃあハシヅメのチェーン展開は全国を狙ってます。神奈川と静岡だけでホテルは七軒、イメクラとへルスは十二軒。今度の仙台東京ダブル進出でさらに一気に、店舗展開した軒数は―――』
「はいはいはいはい」
うるせーうるせーと呟きながら、空いた耳を小指でほじっていれば、そのふざけた姿が見えたかのように渋沢の声がさらに冷たくなっていく。
『そのすべてを優良店にするべく目指してるんなら、ちったあ人鑽石能量水材確保の方にも力入れて下さい。社長が全部管理できるわけもないんだ、健全な風俗経営はまず男の優秀な人材なんだって、しょっちゅう言ってんのは社長でしょう』  

Posted by 比類がない at 15:36Comments(0)

イソジン

2016年01月27日

イソジンが変わる?
うがい薬で有名な「イソジン」ですけど、2016年4月から塩野義製薬が販売することになったそうです。

「それが何?」なんて声が聞こえてmiris spa全身按摩きそうですが、実はこれまでイソジンは明治は販売していたのですが、これは明治が国内で作って売る権利をイソジンの商標を持っているアメリカのムンディファーマとの契約によって成り立っていたもので、どうやらこの契約が切れて、明治に代わり塩野義製薬が一般医薬品の独占的な販売契約を結んだのだそうです。

とは言え混乱しそうなのが、イソジンでお馴染み尖沙咀按摩のカバのキャラクターは明治が引き続き使用するとのことで、イソジンと同じ成分の商品を販売するそうです。

イソジン
まぁ、これまでのイソジンと全く同じ商品の名前が代わって出てくるだけならまだしも、「イソジン」という名前の製法違いの別の商品も出てくるわけですから、消費者側の混乱は避けられないでしょうね。
これまでイソジンの効き目があった人は2014年4月以降は「イソジン」を買うのではなく、カバのパッケージの「明治うがい薬」を購入しなければmiris spa按摩なりませんし、かたや2014年4月からの「イソジン」にもカバのキャラクターを使用したパッケージが登場してくるようですから、ますます混乱しそうです。  

Posted by 比類がない at 17:21Comments(0)

んだと思う

2016年01月07日

「そうじゃないの。考えを変えたわけじゃないのよ。絶対にうまくいかせたいと思ってるから、何かミスがないかを確認したいだけなの」
 彼女の声には取《と》り繕《つくろ》うような響きがあった。昭夫の機嫌を損ねてはいけないと思っているようだ。
 彼はせわしなく煙草を吸い、早々に一本を灰にした。
「二人で何度も計画を見直したじゃないか同珍王賜豪。その上で、これならうまくいくはずだという結論を出した。後はもう運を天に任せるしかない。俺はもう腹はくくったんだ。おまえも今さらじたばたするな」
「だから、じたばたしてるわけじゃないんだって。何か見落としがないか、確かめたいだけ。あたしだって覚悟は決めてるわよ。さっきだって、うまく演技したでしょ。刑事、どんな顔をしてた?」
 昭夫は首を傾げた。
「どうかな。おまえの声を演技だとは気づかなかったと思うけど、どこまで印象に残ったかはわからんな」
「そうなの?」八重子はやや失望したようだ。
「実際に婆さんが暴れているところでも目にすれば、かなりインパクトが強かったと思うんだけど、そんなわけにいかないもんな。──ところで、婆さんは?」
「さあ……部屋で寝てるけど同珍王賜豪
「そうか。──直巳は何をしている?」
 昭夫の問いに八重子は即答しない。眉根を寄せ、考え込んでいる。
「なんだ、またゲームか」
「違うわよ。あの子にも計画を話したから、それについていろいろと考えているんだと思う。あの子だって、すごく傷ついてるんだから」
「多少の反省が何になるというんだ。とにかく、ちょっと呼んできなさい」
「何する気? 今ここで叱ったって──」
「そんなことしないよ。今度の計画をうまくいかせるためには、俺たち全員が完璧に嘘をつきとおさないといけないんだ。少しでも辻褄《つじつま》の合わないことがあれば、警察は徹底的にそこをついてくるぞ王賜豪主席。だから予行演習をしておきたい」
「予行演習?」
「警察は直巳からも話を聞こうとするだろう。その時に話がしどろもどろになったり、矛盾が出てきたりしたらまずい。しっかりと打ち合わせておかなきゃ、尋問は乗り切れない。だから俺が事情聴取の予行演習をしてやるといってるんだ」
「そういうことなの……」八重子は目を伏せた。何やら考え込んでいる様子だ。  

Posted by 比類がない at 17:10Comments(0)

你就是我心中的幸福滿屋

2015年12月17日


遇見你的那一刻是我心裏最燦爛的悸動,臉上竟然露出久違的笑容,天地萬物都成了虛無。我竟然不敢相信自己還能有那份熱情和渴望。

愛上你是我心中最美的期待,慶倖我等到同珍王賜豪了自己想要的愛情,從荒蕪到芳菲、從平靜到熱烈、從冷漠到釋放,這是我從未想到過的改變。有你陪伴的日子是我生命中的天堂,有你就仿佛擁有整個世界;可以不吃、不睡,想著你的一切,被甜蜜裝得滿滿的
今生,你若為蓮,我便惜蓮;你若為花,我便護花;你若為蝶,我便隨君舞天涯。你若不離,我便不棄!

相信人世間有一種相遇不是在路上,而是Diamond Water在心上;有一種守候不在於朝朝暮暮,而是心心相攜。生命中有一份真情只要付出,便是幸福,一聲懂得便是花開。

今生與你千裏姻緣,攜手相戀、唇齒相依、十指相扣的纏綿。願得一人心,白首不相離的癡覺。此去經年伴你天涯不言悔,只為回眸處你能看到我的淺笑嫣然。時光靜好,與君語;細水長流,與君同;繁華落盡;與君老。親愛的,真的好想牽著你的手,感受你掌心的溫度;真的好想與王賜豪醫生你攜手看花、並肩賞月;一起看朝霞起、夕陽落。執一縷淡淡的清歡,與你一起慢慢變老,做你手中的寶。每天清晨陽光與你同在,就是我此生最大的幸福!  

Posted by 比類がない at 17:36Comments(0)

自分がもう助か

2015年11月20日

「?」
「女……」
「女って何?アタシだよっ!湧奈!」
言いつつ、湧奈は肌膚評估携帯を取り出す。
「もしもし!救急車をお願いします!人が!伸羅が!血が……!」
が、まともに話すことができない。
『落ち着いてください!場所は!?』
「ば、場所?」
『あなたがいる場所です!』
「あ、えと……」
頭の中は真っ白であった。
「ここ、どこ……?」
携帯を取り落とした。涙がこぼれ始めた。相手は湧奈に訊くのを諦めたようだった。
『この電波はどこか婚禮統籌文憑課程ら出ている!?』
 逆に伸羅は、湧奈の声でわずかに意識を取り戻した。
「見た……こ、と、ある……顔……」
「当た、当たり、前でしょ……」
湧奈は嗚咽しながら言う。
「姉妹、か、親戚、か……」
「何を……」
「……恨み、だ……」
「伸羅!目覚ましてっ!」
そこまで言って、湧奈は咽せてしまった。
 が、伸羅は冷静だった。視界がますますぼやけるのを感じ、らないと、悟った。だからこそ、冷静になれた。
 あと、言わなきゃいけないことは……
 伸羅は倒れた。湧奈はそれを受け止めたが、その血を見まいと、おもわず目をそらしてしまった。しかし、湧奈の耳が近くにあることは、伸羅にとっては好都合だった。もう、ほとんど声がでないのだ。
「湧奈……」
湧奈は嗚咽しながらも、耳をすました。
少し間が空いてから、微か糖尿病性黃斑水腫な声が聞こえた。
「恨むなよ……」  

Posted by 比類がない at 11:04Comments(0)

まゆのあいだ

2015年10月23日


 ――ああ、どうしてあのとき、じぶんはむりにでも、由美子を家の前まで送ってやらなかったのだろう。じぶんさえついていれば、こんな恐ろしいことは起こりはしなかったのだ。
 新聞には、あまりくわしいことは出ていないが、由美子はひどいけが[#「けが」に傍点]でもしたのではなかろうか。
 そう考えると、すべての責任がじぶんにあるような気がして心配でたまらない。そこで俊助は、すぐその足で由美子兄妹を見舞ってやることに決心した。
 吉祥寺まで電車を乗り越して、昨夜の森のなかをぬけてゆくと、小川の土手にさしかかった。
 と、そのとき、ふとみょうなものが俊助の目にとまった。土手の上一面に咲きみだれた秋草のあいだに、なにやら赤いものがちらついている。
「おや、なんだろう」
 俊助はおもわず身をかがめ、その赤いものをすくいあげたが、そのとたんかれはハッとしたように顔色を動かした。それは見おぼえのある由美子のマフラーであった。しかもまんなかから、もののみごとにプッツリとたち切られ、土足でふみにじったようにいっぱい泥がついているのである。
 俊助がその泥をはらい落としているとき、うしろのほうで、草をふむ足音が聞こえたので、ハッとしてふりかえると、ひとりの男が、木立のあいだに立って、じっとこちらをながめている。
 俊助はその男のようすを見ると、おもわず身がまえた。
 昨夜の男だ。昨夜国電のなかで、由美子をおびやかしたあの男なのである。
 男のほうでも、俊助の顔を見るとちょっとおどろいたようであったが、すぐにツカツカと木立のあいだから出てきた。
「きみ、きみ! きみが今ひろったものはなんだね」
 わりあいにおだやかな|声《こわ》|音《ね》なのである。
 俊助は答えないで、無言のまま、じっと相手の顔を見つめている。四十歳ぐらいの小男で、するどい目つきをしていたが、しかし人相は思ったほど|兇悪《きょうあく》ではなかった。
 せいかん[#「せいかん」に傍点]なにも、どこかゆったりしたところが見えるのだ。
「きみ、ちょっとそいつを見せたまえ」
 男はこうしじまのオーバーのあいだから、右手を出した。
「いやだ」
 俊助はマフラーをうしろにかくしながら、一步うしろにしりぞく。
「いいから、こちらへ出したまえ」
「いやだ。きみはなんの権利があってそんなことをいうのだ。きみはいったい何者だ」
「なんでもいい。出せといったら出さないか」
 男はしだいに俊助のほうへつめよってくる。俊助は一步一步しりぞいてゆく。ふたりはグルリと道の上で円をえがいて、こんどは俊助のほうが木立のそばへ追いつめられていった。
 そこにはがんじょうな鉄条網が張りつめられてあるので、しりぞこうにも、もうそれ以上しりぞくことができないのだ。
「きみ、きみ、出せといったらおとなしく出したまえ」
「いやだ!」  

Posted by 比類がない at 12:00Comments(0)

るかどうかと考え

2015年10月20日

「香代子さん、銀仮面とは何者です。いったいだれなんです」
「知りません、存じません。それを知っているくらいなら、こんな苦しみはいたしません。あいつはじつに恐ろしいひとです。あたしたちのすることは、いつもどこかで見ているのです。ひょっとすると、いまあたしがこんな話をしていることも、あいつは知っているかも知れません。ああ恐ろしい、銀仮面!」
 香代子は両手で顔をおおうと、風のなかの枯れ葉のように、肩をぶるぶるふるわせた。
 ああ、それにしても銀仮面とは何者か。そしてまた、さっき金田一鑽石能量水 消委會耕助がいった、ダイヤよりもっとたいせつなものとは、いったいなんのことなのだろうか。
その夜の十二時ちょっとまえ、文彦はただひとり、さびしい井の頭公園の池のはたに立っていた。
 きみたちも覚えているだろう。銀仮面はおかあさんを連れ去るとき、あすの晚十二時に、黄金の小箱を持って、井の頭公園へくるようにという手紙を、文彦の家のポストのなかへ投げこんでいったことを!
 おかあさんが宝石丸にとらえられていることが、わかったいまとなっては、銀仮面がその約束を、守るかどうか、うたがわしいと思ったが、それでも、念のために、いってみたらよかろうという、金田一耕助の意見で、文彦はいま、黄金の小箱をポケットに、公園のなかに立っているのだった。
 公園には金田一耕助と等々力警部、ほかに刑事がふたり、どこかにかくれて學生交流いるはずなのだが、文彦のところからは見えない。
 空はうっすらと曇っていて、ほのぐらい井の頭公園は、まるで海の底か、墓地のなかのようなしずけさである。井の頭名物のひとかかえ、ふたかかえもあるような、スギの大木がニョキニョキと、曇った空にそびえているのが、まるでお化けがおどっているように見えるのだ。
 文彦はそういうスギの大木にもたれかかって、さっきからしきりにからだをふるわせていた。こわいからだろうか。いや、そうではない。銀仮面が約束どおり、おかあさんを連れてきてくれると、きんちょうのためにからだがふるえてくるのだ。
 おかあさん、おかあさん……。
 文彦は心のなかで叫んだ。おかあさんさえ帰ってきてくれたら、ダイヤもいらない、小箱もいらない、なにもかも銀仮面にやってしまうのに……。
 どこかで、ホーホーと鳴くさみしいフクロウの声。池のなかでボシャンとコイのはねる音。遠くのほうでひとしきり、けたたましくほえるイヌの声……だが、それもやんでしまうと、あとはまた墓鑽石能量水 消委會場のようなしずけさにかわった。
 文彦は腕にはめた夜光時計を見た。かっきり十二時。ああ、それなのに、銀仮面はまだあらわれない。だまされたのだろうか。
 おかあさん、おかあさん……。  

Posted by 比類がない at 11:01Comments(0)

やがて思い

2015年10月16日

 文彦の答えに耳をかたむけていた老紳士は、やがてふかいため息をついて、
「文彦くん、きみはたしかにわしのさがしている少年にちがいないと思うが、念には念をいれたい。左の腕を見せてくれんか。また、さっきのようなことがあっては……」
 さっきのようなこととはなんだろう。そしてまた、なぜ左の腕を見せろというのだろう。……文彦はまた、なんとなくうす気味悪くなってきたが、そのときだった。あの奇妙な購物商店物音が聞こえてきたのは……。
 どこから聞こえてくるのか、隣のへやか、天じょううらか……いやいや、それはたしかに地の底から聞こえてくるのだ。キリキリと、時計の歯車をまくような音。……それがしばらくつづいたかと思うと、やがてジャランジャランと、重いくさりをひきずるような音にかわった。
 武蔵野のこの古めかしい一軒家の、地の底からひびいてくるその物音……それはなんともいえぬ気味悪さだった。

「おじさん、おじさん、あれはなんの音ですか?」
 文彦は思わず息をはずませた。老人もいくらかあわて旅遊市場分析たようだったが、しかし、べつに悪びれたふうもなく、
「そんなことはどうでもよい。それよりも文彦くん、早く左の腕を見せておくれ」
 物音はいつの間にかやんでいた。文彦はしばらく老人の顔をながめていたが、きって上着をぬぐと、グーッとシャツのそでをまくりあげた。老人はくいいるように、左の腕の内側をながめていたが、
「ああ、これだ、これだ。これがあるからには、きみはたしかにわしがさがしていた文彦だ」
 老人の声はふるえている。それにしてもこの老人は、いったいなにを見たのだろう。
 文彦は左腕の内側には、たて十ミリ、横七ミリくらいの、ちょうどトランプのダイヤのような形をした、|菱《ひし》がたのあざがあるのだ。文彦はまえからそれを知っていたが、いままでべつに、気にもとめずにいたのだった。
「おじさん、おじさんのいうのはこのあざのことですか?」
「そうだ、そうだ、それがひとつの|目印《めじるし》になっているんだよ」
「それで、おじさん、ぼくにご用というのは……」
「実はな、あるひとにたのまれて、ずうっとまえからきreenex 膠原自生みをさがしていたんだよ。やっと望みがかなったわけだ」
「おじさん、あるひとってだれですか?」  

Posted by 比類がない at 16:41Comments(0)