っと集中できへん

2015年08月18日



 たくさんの厚紙のイメージは、焦点が合うように鮮明になった。マジックインキで、1から144までの数字が書かれている。かなり癖のある、母親の字だ。
 信一の前には、母親が苛立《いらだ》った表情で座っていた。手には、九九の式を書いた大判の画用紙を持っている。信一には、これまでの経験から母親のHIFU 瘦身顔色を読んで、すでに爆発寸前であることがよくわかっていた。心の中で、気をつけた方がいいぞと警告する声が聞こえる。だが、信一には、すでに椅子に座っていること自体が苦痛でしょうがなくなっていた。彼はもぞもぞと身動きし、頻繁に溜《た》め息をついた。
『八九は? 信一。八九は? さっき教えたでしょ?』
 信一は腹が減って混乱し、完全に嫌気が差していた。こんな事は、もう続けたくない。それでも、母親の指し示す紙に注意を払おうとはしていたのだが、つい疲労から、よそ見をしてしまった。とたんに、容赦なく母親の手が飛んできた。
『信一!』
 信一は、わっと泣き出した。すると、母親はますます激昂《げつこう》する。
『なんで泣くの? 全部、あんたのために、やってるんやないの!』
 母親は、画用紙をテーブルの上に叩《たた》きつけた。小さな子供にとっては、その激しい剣幕は、大人には想像がつかないくらいの恐怖だった。
『どうしてわからへんの? え? どうして、もの? え? 言いなさいよ。ママが、こんだけ一生懸命になってるのに、なんで、あんたは、いっつも、いっつも、そうなのよ!』
 髪の毛をつかまれて、ヒステリックな打擲《ちよreenex好唔好うちやく》を受けながら、信一は、また激しく泣いた。幼心に、すべて自分が悪いんだと思っていた。自分がダメだから、ママをこんなに怒らせてしまったのだ……。
 その後の記憶は、空白になっていた。だが、ひどい目に遭ったという感じだけは残っていた。
 信一は、話しながら、いつのまにか涙を流していた。
『憂鬱な薔薇』おばさんや『ファントム』君は、うなずいたり、相槌《あいづち》を打ったりして、信一への共感を示してくれた。『美登里ちゃん』は、黙って大きく目を見開いていた。まるで、彼の悲しみを、すっかり共有しているかのようだった。
 全員の質問に答えながら、信一は、さらに記憶を辿《たど》っていく。彼に対する革新的な『早期教育』は、母親の献身的な努力も実らず、結局は失敗に終わったらしい。幼稚園にいる間に、信一は、九九だけでなく、ひらがな、カタカナ、アルファベット、小学校四年生までに習う漢字、簡単な英単語、それに小倉百人一首などを暗記していたが、それでも、母親の遠大な計画と心づもりからすれば、てんでお話にならなかった。
 小学校に入学してからは、今までの『失敗』を一気に挽回《ばんかい》すべく、信一の一週間は、ぎっしりと塾やお稽古《けいこ》ごとで埋められた。
 月曜日は英会話。火曜日は進学塾と書道。水曜日は算数教室。木曜日はピアノ。金曜日旅遊景點は再び進学塾。土曜日はバイオリン。日曜日は、水泳と家庭教師による徹底指導……。そしてまた、新たな一週間が始まる。それは、決して終わることがない永遠のサイクルのように思われた。
 信一の日常は、『効率』によって支配されていた。ぼんやりと空想に耽《ふけ》っていたり、ぶらぶらと野原を歩いたり、川に向かって意味もなく石を投げたりといった無駄な時間は、周到に排除されていた。 

Posted by 比類がない at 18:14Comments(0)願景村

有種愛淨重21克

2015年07月14日



男孩和女孩是高中同學,隔著一條過道鄰桌。女孩聰慧美麗,有一大群的愛慕者,男孩清秀寡言,從不主動和其他女生說話。女孩有時也會隔著過道觀察她的鄰桌,見這個男孩在專注地算題,鼻尖滲出一層細細的汗珠,女孩就會很奇怪這個沉默的男孩子天天都想些什麼。
男孩有時也會和女孩討論問題,但從來願景村都是就題論題,從不引發其他話題。但女孩還是發現了一些端倪。男孩每一次考試前都要借女孩的鉛筆用一下,再還回來時鉛筆已經削得圓圓滑滑,沒有一絲刀削過的痕跡,像一件精美的工藝品。女孩拿著它在考場作題心裏不禁一陣感動。再後來女孩每次考試前都把鉛筆磨得短短的,好讓男孩更有理由為她削鉛筆。
也算是一種默契吧,男孩和女孩都小心翼翼地呵護著這份秘密。但那一次,女孩發現男孩還鉛筆時有些異樣。女孩打開文具盒,發現裏面有一張紙條。那是女孩收到的最沒有文采的一封情書:我對你的愛淨重21克。為什麼只有21克呢?女孩想,這麼小氣的傢伙。女孩不禁微微生氣了。
那是週六學校特意安排的一次數學摸底考試。為了防止學生作弊,學校在全校範圍內劃分了考場,男孩被分到了外班,而女孩則留在了原教室。男孩準備去考場的時候看見女孩正在和前排的一個男生說笑。女孩從書桌裏拿出一大疊稿紙的時候看見男孩正手足無措地站在旁邊。女孩嫌男孩的情書寫得不合心意就
故意氣他。女孩把她的稿紙撕下一疊對坐在前排的男生說,送給你了。男孩的臉有些漲紅,但他還是輕聲地對女孩說,你可不可以也給我一些紙啊。女孩繃著臉說:“我為什麼給你啊?”女孩看男孩的臉瞬間變得蒼白,驚慌地看了女孩一眼,轉身退去,身體撞上了旁邊的課桌。
星期一發佈的數學考試成績出乎所有人的意料,數學成績一向峇里島機票不錯的男孩竟然沒有及格。數學老師很是氣憤,當著全班同學的面在課堂上狠狠地批了男孩一頓。女孩有些心虛,想自己是不是應該向男孩道歉,可是那樣自己多沒有面子啊,而且她應該以什麼理由道歉呢。這樣猶豫著,一直到放學。回家的路上女孩想明天吧,明天給他寫個紙條。
女孩的紙條沒能送去,第二天男孩沒有來上課,第三天就聽到了男孩轉學的消息。
女孩想不到在她面前說話一貫輕聲細語的男孩竟是這麼的驕傲和容易受傷害。這樣的男孩不要也罷,女孩安慰自己。
人的記憶總是傾向於記住快樂而抹去那些不快吧,女孩漸漸模糊了男孩的印象,只是偶爾會記起曾經有一個男孩那麼用心地為她削過鉛筆。
後來女孩上了大學。在青春無憂的大學校園裏,女孩的美麗像花朵一樣肆意地在盛開著,她理所當然地成了眾人的焦點。女孩收到的眾多的情書裏有一首詩讓她特別心動。後來女孩就和寫詩的男生戀愛了。月下花前,江畔柳岸,所有的程式都溫習了一遍之後,女孩才知道男生的那首詩是抄的。女孩雖然和男生大吵了一架,但還是原諒了男生。女孩想也許這就是所謂的緣分吧,如果結果是註定的,那又何必刻意強調它是如何開始的呢?
女孩和男生又和好如初。但是裂開的紋縫又如何能無視它的存在呢?尤其是在年輕驕傲的女孩眼裏。如果我們相愛,就讓我們共同努力吧,女孩在心裏對自己說,她希望男生也能聽見。
一個週末晚上,女孩想讓男生陪她去看電影,但男孩卻期期艾艾地說今天晚上有一場很重要的足球實況轉播。女孩突然有些生氣,到底是我重要還是足球重要?女孩提高聲音說:“你到底去不去?”男生顯然也生氣了,斷然說道:“不去。”女孩冷笑:“可是你說的哦。”女孩拉住旁邊經過的一個長頭髮男生說:“同學陪我看電影好嗎?”那男生驚詫地打量了女孩一下,立刻眉開眼笑地答應了。女孩拉住那人就走。男生搶過去,粗暴地推開那長頭髮男生,對女孩吼道:“我不准你去!”女孩冷笑:“你少管我,你以為你是誰啊。”男生的臉色變了。“啪”的一聲,男生的手掌打在了女孩的臉上。兩個人同時驚呆了。眼淚開始在女孩的眼眶裏打轉兒,女孩咬了咬牙。“啪”的一聲,女孩重重地回摑了男生一巴掌,說:“從今以後咱們生髮食物兩不相欠,各走各的路。”然後女孩跑回了宿舍。
也許說得太情斷義絕了吧,男生再也沒打電話過來。女孩大病了一場。病癒後的女孩夜晚在校園裏亂逛。走到學校放電影的禮堂,女孩就信步走了進去。
女孩坐在座位上,呆呆地看著銀幕,怎麼也無法投入到電影的情節裏,但她卻異常清晰地聽見旁邊一對情侶的對話。
“為什麼電影的名字叫《21克》呢?怪怪的!”女的問。
“小傻瓜,”男的停頓了一下,估計是捏了捏那女生的鼻子,接著說,“21克是靈魂的重量。西方人傳說人死後體重會減少21克……”
21克,21克,女孩喃喃地說著,過去的時光像潮水一樣洶湧而來。女孩突然覺得心像被一個針尖刺中一樣地疼,她把手捂在眼睛上,眼淚卻擋也擋不住,順著她的指縫無聲地向下流淌…… 

Posted by 比類がない at 11:16Comments(0)願景村

不能再與你相擁

2015年04月24日

轉眼間又是,秋風起兮白雲飛,草木黃落雁南歸的時節。我在此走過,難得這片淒涼,這正合了我的心意。如此,悲傷才顯得不值一談。

告別昨日的深情,現在我要起身離去,去一個靜脈曲張沒有你的地方,那裏依舊春去秋來,潮漲潮落、月圓月缺、悲歡離合。我沒有興致看風景,更別說人們口中的話題與表情了,走過一個接一個的十字路口,說不上陌生,只是沒有你,這裏才顯得更陌生。這一路我不知道要走多久,沒有了選擇,你讓我流浪,流浪時為了尋找失去關於你的一切。

回頭找過那曾經的風景,只是那風景等待的並不是我的光臨,原來,風景只是風景,沒有感情。此時想起了崔護的《題都城南莊》這句詩:去年今日此門中,人面桃花相映紅。人面不知何處去,桃花依舊笑春風。呵呵,多麼貼切啊!物是人非,往事不堪回首,這正如我的惆悵之情!不知如何再遇見你,如果再上一面,你是否還會DSE 模擬試像起初那樣款款深情,微笑著喊出我的名字。有位讀者說過:“真正的忘記,不是不再想起,而是想起時,內心已不再有波瀾”。對於這句富有哲理的話,我想說,我沒有真正的會意過,因為我從未把你忘記過。

天色漸漸暗了下來,萬家燈火,霓虹閃爍,有人哭著,有人笑著,還有笨重車輛的尖響。明亮的街道如同一條大河徹夜奔流不息,相比之下,思念是如此的單薄,頓時起了惻隱之心,但它又強大的使這個黑夜不再那麼空虛。回憶如潮汐般洶湧,侵襲了斑駁已久的心靈,頃刻間所有的不快樂蕩然無存。想起你那柔情似水的眼睛,與生俱來的善良,這世間,還有什麼能不被原諒。記得那美妙的瞬間,你在我面前出現,仿佛倏忽即逝的幻影,有如純潔的願景村美麗天仙。我的心,歡喜如狂,從此有了生命,有了嚮往、有了眼淚、也有了愛情。想到這,難免會為之動容!然而就在今夜。或許我並非有意去觸及,只是夜色太濃!其實想起你我會更害怕,害怕你對我說過的情話,害怕這次別離沒有半點虛假!

我最親愛的人啊,我虔誠的為你祈禱,但願上帝保佑你,另一個他會像我一樣地愛你。你還年輕,失去我,你將是多麼幸運,我已滿身塵埃,不能再與你相擁,更怕玷染了你美麗的衣裳! 

Posted by 比類がない at 13:20Comments(0)願景村