相手にしなくて

2015年08月06日

「いいから部屋に戻ってください」
 彼は戸惑うような表情でその場に立ちすくんだ。
「あなたに聞きたいことがあるの」
「芳子、彼には関係ないでしょう」
「ゲイなんでしょう。どうやって兄さんを誘惑したの?」
 単刀直入な言葉に、彼は表情を強張らせた。
「あなたはまだ若いんだから、こんなおじさmask house 面膜んをもほかにいい人がいるんじゃないの」
 彼は貝のように口を閉ざし、妹の恋人に肯定も否定もしない。
「黙ってないで、何か言ったらどうなのよっ」
 妹は猫のような俊敏さでスツールから立ち上がると、彼に近づいた。おもむろに彼の頬に平手打ちする。松下は真っ青になって駆け寄り、妹にされるがままの彼を自分の背に隠した。
「愛想のいいふりで、よくも私を騙してくれたわねっ。兄さんも兄さんよ。こんな子に私の案内を頼むなんて、どんな神経をしているのよっ」
 可愛い子だと、頭のいい子だと言っていた。彼のことを気にmask house 面膜入っていたはずなのに、恋人だとわかったとたん、ひどい言われようだった。
「僕が軽蔑されるのは仕方ありませんが、彼にあたるのはやめてください」
 松下は背後の彼に、チラリと耳打ちした。
「部屋に戻ってください」
「でも…」
 ここにいたらそれだけで彼は妹の集中砲火を浴びる。話をしている間に、妹は再び近づいてきて彼の腕をつかんだ。
「出ていきなさいよっ。よくそんな平然とした顔で私の前に立っていられるわね。少しは自分のしていることを自覚したらどうなの」
 松下は強引に二人の間に割って入った。
「兄さんも兄さんよ。男の恋人と暮らすなんて恥ずかしいことをしないで、現実を見てよ」
「僕には現実が見えてます。君が言うほど、自分が愚かmask house 面膜だとも思ってない」
 妹が鼻先で笑った。軽く腕組みをする。
「そんな上っ面だけのおままごとみたいな恋愛がいつまでも続くわけがないじゃない。あなたも早く別れたほうが身のためよ」
 彼は沈黙のまま妹の言葉を聞いていた。
「明日はホテルに泊まるわ。この部屋であなたたちと一緒に空気を吸っているのでさえ、もう我慢できないの。それから母さんには話をするわよ。兄さんがなんと言おうとね」
「やめてくださいと言ってるでしょう」
「じゃあその子のこと、自分で母さんに紹介して。恋人です、好きなmask house 面膜人ですって。兄さんは自分が振り切ってきたもの、置いてきたものをこれを機に直視するといいのよ」
 妹はフッと笑った。 

Posted by 比類がない at 14:30Comments(0)醫療咭

相見別離太匆匆。銘記

2015年07月27日




寒蟬淒切,對長亭晚。芳草淒淒的楊柳岸,細雨飄搖,刺骨的寒風抵不過內心的淒苦。單薄的身影在細雨微風中靜靜佇立。一把油紙傘可以撐起一方流淚的天空,卻承接不住眼底隱忍的淚,任它跌落地粉身碎骨。

遙望天際,煙波江上的客舟中,遠行人擠滿船頭。雨水打在臉上,打在身上卻絲毫不知,只深深地凝望著,想要將這畫面定格在腦海中,深深銘記。相見別離牛奶敏感太匆匆,隔江遙望,千言萬語道一聲“珍重”。

淅淅瀝瀝,淅淅瀝瀝……秋雨秋思愁煞人。雨密密地斜織著,欲網行舟,怎奈東邊日出西邊雨,觸手而不可及,咫尺卻是天涯。無奈的看著它漸行漸遠……

客舟終消失在視線裏,雨中沙鷗徘徊於江上,看送行之人“一看腸一斷”地慢慢轉嬰兒敏感身消逝後,留下一聲聲悲鳴響徹天際,經久不絕。

雨順著紙傘無聲無息地滑落,滴滴相連,串串相接,似哭訴著一別之後,兩地相思的哀怨。慢慢地滴落再濺起,似傳遞著心碎的聲音。雨滴和著淚水融入這江中,在江上泛起點點漣漪,帶著微鹹與淡淡的苦澀隨波逐流,送舟而行,伴你遠去。

在靜靜地等待中,看著生命中的過客,一個個牛奶敏感突然闖入,又一個個擦肩而過。終是沒有你的身影……

在靜靜地等待中,迎來了一個又一個的盛夏,送走了一個又一個寒冬。蹉跎了歲月,終沒有我與你相遇的季節……

在靜靜地等待中,忘記了等待的初衷,只知道我要等待……
 

Posted by 比類がない at 15:18Comments(0)醫療咭

思念的含義

2015年04月28日

愛經典的片段,是一睜開眼,就想看到你的出現,羞澀裏藏著暑期數學妖嬈偷偷的笑了。愛炙熱的瞬間,是每分每秒都想有你陪伴,雖然萬語千言卻只說出三個字:想你了!愛最簡短的表達:人呢?我在,一直在!冷,穿暖。愛最疼的一刻,我想給你我的所有,卻只能看著你哭,無法牽起你的手,給你溫柔。於是就有了這樣的鏡頭,揉碎了思念,倒進酒杯,苦裏透著甜,淚水和微笑同時上演……

無法忘卻的,我都小心的收起,藏在心底的最深處,偶爾不經意觸碰,淚瞬間會滑落。我的城,你曾來過,只是匆匆的。用一生祭奠,用筆寫作了一個傳說,也許你會忘,我卻一生都記得。晴曦情相惜,一生為情鎖,一世為情灼。以後不要再叫我飄零了,那個我在淡忘,不想再提起。你可以叫我“晴”,也可以叫我“曦”,我不想在

漂泊,終生都零落。風起了,有點涼滲入了心底,風鈴搖擺著,叮叮噹當的。誰在誰心底,誰在誰夢裏,唱起那首歌。

思念的含義,就是會念著此刻你好麼,會不會也想我?如果我是雲,請你抬起頭,我會化作雨,落入你眼中,然後你忍著,再不要滑落。愛就是墨的魂,舞動淚的火,烈烈燃燒成對折,寒熱交割,疼也心甘情願的忍著。

曾經在六七月的炙熱中,被烘烤到了失憶,只有掌心醫療咭裏還存著一枚花瓣的殘香,印證了我曾走過季節的邊緣,叢叢疊翠裏湮沒了腳印。很想借一場秋風,把歲月的藤蔓吹落。然後呢,我可以一點點修剪成自己喜歡的模樣。故事每天都在上演,談笑之間換了背景。在暮色中行走,月光把影子拉的老長。我怕會落入雨後泥濘的水坑,所以就小心翼翼,步子輕了再輕。淺秋的花落,在雨後的清晨,我把目光鎖定在一枚花瓣上,它很乖巧的睡在地上,裏面還有一小汪水,晶瑩著。它疼嗎,會抱怨雨的欺淩麼?我不停的追問,沒有答案,那一汪水也在陽光的照射下開始了消散,霧一樣升騰。此情此景,讓心痙攣,轉過頭一聲不吭。就這樣走過了八月,走過了紅塵裏的一刻鐘,不停歇的邁向未知的九月,菊花叢…… 

Posted by 比類がない at 13:25Comments(0)醫療咭