認めない

2015年08月31日



 昇格のことを聞いた時の艦長の喜ぶ顔が浮かんだ。
「ミラバ艦長」
 メレッサは改まった態度で言った。
「はい」
「あなたは、たくさんの船を鑽石能量水指揮してみたいと言っていたわね」
「はい」
「20隻ほどの船の指揮をしてみない?」
「……」
「あなたに、ルビル守備隊長をやって欲しいの」
 艦長は驚いていたが、すぐに困惑の表情になった。
「なぜ、私に?」
 理由を質問されるとは思っていなかった。
「でも、艦隊の指揮をしてみたいと言っていたでしょう」
「ですが、私は出世コースから外れた万年艦長です。セラブ提督がでしょう」
 セラブ提督の承認が必要だと言うのか。自分の権力は制度上だけのもので、実際にはこのようなことを決める力はないと。
「セラブよりあたしの方が上よ」
 かなり、むかついて言った。
「姫君、このような人事を好みで行なってはいけません。守備隊長には私よ鑽石能量水りもっと適任の艦長がいるはずです」
 艦長は子供を諭すように言う。
 メレッサは怒りがこみ上げてきた。始めて自分の意志で何かを決めようとしているのに、回りから反対される。そして一番喜んでくれるはずの人からも反対される。
「指揮をしてみたいって言ってたじゃない」
 メレッサは怒りをぶちまけた。
「姫君のお心は、ありがたいのですが」
 艦長は丁寧に断る。
 メレッサはどうしょうもない怒りと脱力感に襲われた。自分にはなんの力もない。権限だけでは人は動かないのだ。
 たぶん、ひどい顔をしている。艦長にこんな顔は見せられない。メレッサは艦長に背を向けると数歩離れた。
「姫君、私が受けないとお困りになるのですか?」
 困る、コリンスにどう言えばいい。ふと、さっきコリンスに言っ鑽石能量水た理由を思いついた。
 振り返って艦長を見た。
「私は、このルビル攻撃軍を父からもらったでしょ。でも誰も親しい人がいない。だから私の気持ちが理解できる人に重要なポストにいて欲しいの」
 怖い目で艦長を睨みつけるように見つめた。 

Posted by 比類がない at 15:31Comments(0)抽脂

即便終結依然優雅

2015年07月07日



有時我想,所有人都是一樣的。在各自粉飾的外表下都有千瘡百孔的人生和一個暗黑的深淵。如果了知這些,不會覺得自己特別,也不會覺得自己無辜。時間飛逝,人生百味雜陳,無法言說。仿佛一個人寫了長長的信,但未等到那個可以投遞的人。被閱讀被接納被理解是奢侈的。此刻做一個可以獨自靜靜寫信的人,也已不錯。

我是個舊式樣的人,喜歡用手工康泰領隊慢慢做東西的時代。那個時代,有人跋涉千山萬水只為相見一面,鴻雁往來耐心等待,春夜無事庭院中閑坐,聆聽雨水跌在芭蕉葉上,蓋一座亭閣只為觀望盛開的杏花。如果遇見生命中一個重要的人,我知道,在我等待他良久的時候,他也已經等待我良久。我們各自都應該是美而好的。

如同昨日我去買盆景,看到一對老人頭髮白了,氣定神閑,容色乾淨,照料著姿態古雅的盆景。盆景也像它們的主人。我買了一盆大阪松,一盆垂絲海棠。什麼樣的人,種出什麼樣的東西。把盆景擱置好,桃花枝和白梅養在清水中。我想當我們遇見,將會找到一個地方,看花,喝茶,並肩坐著,說些絮絮叨叨溫柔而輕聲的話。不知不覺,就讓歲月又翻了一頁。

如果在任何變化中存在著接納和順受,那麼即便是終結,也依然呈康泰領隊現著優雅和自在。最終一切逝滅都會朝向新生。

一切都有期限。只需往前走。執著過的,放空了。拖累過的,分解了。困頓過的,單純了。被擊傷過的,越過了它。如此,即便是有著微微傷感,也如同被清洗。若此刻沒有一絲的期待或恐懼,就是當下最為完美的時分。而那一刻,心就像那秋天樹枝上飽滿的果實,懸掛著,知道會墜落,無念無想,不憂不慮,只是隨順因緣。

如此,天上一年,人間一世。

我從不奢望長久,只希望活得徹底。燃燒充分,展示出純度。不停上演的康泰領隊生老病死,論證這個物質世界的變幻無常和岌岌可危。我們已知道它的苦,就可以快樂而不復雜地參與它的遊戲。

最漫長的愛,其實是與自己相愛。但如果某天,我遇見了你,會邀請你一起與我躍入海洋。只有當我們各自成為渺小的水珠,彼此才會永恆地在一起。如同一段我所喜歡的經文:“世界是一座橋樑,你可以跨過它,但不要在其上建房。”我們的愛,也是如此。 

Posted by 比類がない at 15:45Comments(0)抽脂

幾痕江渚

2015年05月13日



秋天是一本禪意深遠的經,一首浪漫高遠的詩,遼闊、靜謐、怡淡、絢爛和寂寥。無言,無語,就是一種禪境。

一片楓林,一黛遠山,一江秋水,幾痕江渚,數點白鷺沙鷗,秋便有了淡reenex 價錢淡的遠意。江南的秋,有著春的溫潤,夏的燦爛,冬的寧靜,融合一體。秋,是靜謐的,少了春之萌動,夏之燥熱,冬之冷冽,更有一種別樣的風韻。既有小家碧玉的親切,又有大家閨秀的含蓄,撩動著,又沉靜著。深沉而浪漫,寧靜而熱烈。

秋天有著絢麗的色彩,再偉大的畫家,也調不出這樣多彩的顏色。再博學的詩人,也描繪不出這樣浪漫的神韻。它有著金屬的質感,金子般的陽光,青銅黃銅般的樹葉,落在地上,湖面上,卻又是那樣輕靈,那樣優美。草色,更是斑駁得可愛,千萬種色彩,綿延成大地最美的詩篇。

秋天的光線,有著很強的穿透力,此時的空氣,也分外透明,天空分外湛藍。靜對一江秋水,一山秋色,靈魂也隨之輕了,空靈了,慢慢飛到了高處。遠離塵世的喧囂,感覺格外寧靜。

秋天,美在沉穩,踏實,低調。不張揚,不浮躁。色彩最絢麗,底色卻最清冷。碩果累累,卻最是沉靜安詳。不溫不火,雍容華貴,卻又悲愴莊嚴。秋是狂熱的,又是內斂的;是富貴的,又是衰敗的。有千帆過盡的從容,有生死看破的灑脫,有本來無一物的淡然。
 

Posted by 比類がない at 10:25Comments(0)抽脂