認めない

2015年08月31日



 昇格のことを聞いた時の艦長の喜ぶ顔が浮かんだ。
「ミラバ艦長」
 メレッサは改まった態度で言った。
「はい」
「あなたは、たくさんの船を鑽石能量水指揮してみたいと言っていたわね」
「はい」
「20隻ほどの船の指揮をしてみない?」
「……」
「あなたに、ルビル守備隊長をやって欲しいの」
 艦長は驚いていたが、すぐに困惑の表情になった。
「なぜ、私に?」
 理由を質問されるとは思っていなかった。
「でも、艦隊の指揮をしてみたいと言っていたでしょう」
「ですが、私は出世コースから外れた万年艦長です。セラブ提督がでしょう」
 セラブ提督の承認が必要だと言うのか。自分の権力は制度上だけのもので、実際にはこのようなことを決める力はないと。
「セラブよりあたしの方が上よ」
 かなり、むかついて言った。
「姫君、このような人事を好みで行なってはいけません。守備隊長には私よ鑽石能量水りもっと適任の艦長がいるはずです」
 艦長は子供を諭すように言う。
 メレッサは怒りがこみ上げてきた。始めて自分の意志で何かを決めようとしているのに、回りから反対される。そして一番喜んでくれるはずの人からも反対される。
「指揮をしてみたいって言ってたじゃない」
 メレッサは怒りをぶちまけた。
「姫君のお心は、ありがたいのですが」
 艦長は丁寧に断る。
 メレッサはどうしょうもない怒りと脱力感に襲われた。自分にはなんの力もない。権限だけでは人は動かないのだ。
 たぶん、ひどい顔をしている。艦長にこんな顔は見せられない。メレッサは艦長に背を向けると数歩離れた。
「姫君、私が受けないとお困りになるのですか?」
 困る、コリンスにどう言えばいい。ふと、さっきコリンスに言っ鑽石能量水た理由を思いついた。
 振り返って艦長を見た。
「私は、このルビル攻撃軍を父からもらったでしょ。でも誰も親しい人がいない。だから私の気持ちが理解できる人に重要なポストにいて欲しいの」
 怖い目で艦長を睨みつけるように見つめた。 

Posted by 比類がない at 15:31Comments(0)抽脂