まゆのあいだ

2015年10月23日


 ――ああ、どうしてあのとき、じぶんはむりにでも、由美子を家の前まで送ってやらなかったのだろう。じぶんさえついていれば、こんな恐ろしいことは起こりはしなかったのだ。
 新聞には、あまりくわしいことは出ていないが、由美子はひどいけが[#「けが」に傍点]でもしたのではなかろうか。
 そう考えると、すべての責任がじぶんにあるような気がして心配でたまらない。そこで俊助は、すぐその足で由美子兄妹を見舞ってやることに決心した。
 吉祥寺まで電車を乗り越して、昨夜の森のなかをぬけてゆくと、小川の土手にさしかかった。
 と、そのとき、ふとみょうなものが俊助の目にとまった。土手の上一面に咲きみだれた秋草のあいだに、なにやら赤いものがちらついている。
「おや、なんだろう」
 俊助はおもわず身をかがめ、その赤いものをすくいあげたが、そのとたんかれはハッとしたように顔色を動かした。それは見おぼえのある由美子のマフラーであった。しかもまんなかから、もののみごとにプッツリとたち切られ、土足でふみにじったようにいっぱい泥がついているのである。
 俊助がその泥をはらい落としているとき、うしろのほうで、草をふむ足音が聞こえたので、ハッとしてふりかえると、ひとりの男が、木立のあいだに立って、じっとこちらをながめている。
 俊助はその男のようすを見ると、おもわず身がまえた。
 昨夜の男だ。昨夜国電のなかで、由美子をおびやかしたあの男なのである。
 男のほうでも、俊助の顔を見るとちょっとおどろいたようであったが、すぐにツカツカと木立のあいだから出てきた。
「きみ、きみ! きみが今ひろったものはなんだね」
 わりあいにおだやかな|声《こわ》|音《ね》なのである。
 俊助は答えないで、無言のまま、じっと相手の顔を見つめている。四十歳ぐらいの小男で、するどい目つきをしていたが、しかし人相は思ったほど|兇悪《きょうあく》ではなかった。
 せいかん[#「せいかん」に傍点]なにも、どこかゆったりしたところが見えるのだ。
「きみ、ちょっとそいつを見せたまえ」
 男はこうしじまのオーバーのあいだから、右手を出した。
「いやだ」
 俊助はマフラーをうしろにかくしながら、一步うしろにしりぞく。
「いいから、こちらへ出したまえ」
「いやだ。きみはなんの権利があってそんなことをいうのだ。きみはいったい何者だ」
「なんでもいい。出せといったら出さないか」
 男はしだいに俊助のほうへつめよってくる。俊助は一步一步しりぞいてゆく。ふたりはグルリと道の上で円をえがいて、こんどは俊助のほうが木立のそばへ追いつめられていった。
 そこにはがんじょうな鉄条網が張りつめられてあるので、しりぞこうにも、もうそれ以上しりぞくことができないのだ。
「きみ、きみ、出せといったらおとなしく出したまえ」
「いやだ!」 

Posted by 比類がない at 12:00Comments(0)

るかどうかと考え

2015年10月20日

「香代子さん、銀仮面とは何者です。いったいだれなんです」
「知りません、存じません。それを知っているくらいなら、こんな苦しみはいたしません。あいつはじつに恐ろしいひとです。あたしたちのすることは、いつもどこかで見ているのです。ひょっとすると、いまあたしがこんな話をしていることも、あいつは知っているかも知れません。ああ恐ろしい、銀仮面!」
 香代子は両手で顔をおおうと、風のなかの枯れ葉のように、肩をぶるぶるふるわせた。
 ああ、それにしても銀仮面とは何者か。そしてまた、さっき金田一鑽石能量水 消委會耕助がいった、ダイヤよりもっとたいせつなものとは、いったいなんのことなのだろうか。
その夜の十二時ちょっとまえ、文彦はただひとり、さびしい井の頭公園の池のはたに立っていた。
 きみたちも覚えているだろう。銀仮面はおかあさんを連れ去るとき、あすの晚十二時に、黄金の小箱を持って、井の頭公園へくるようにという手紙を、文彦の家のポストのなかへ投げこんでいったことを!
 おかあさんが宝石丸にとらえられていることが、わかったいまとなっては、銀仮面がその約束を、守るかどうか、うたがわしいと思ったが、それでも、念のために、いってみたらよかろうという、金田一耕助の意見で、文彦はいま、黄金の小箱をポケットに、公園のなかに立っているのだった。
 公園には金田一耕助と等々力警部、ほかに刑事がふたり、どこかにかくれて學生交流いるはずなのだが、文彦のところからは見えない。
 空はうっすらと曇っていて、ほのぐらい井の頭公園は、まるで海の底か、墓地のなかのようなしずけさである。井の頭名物のひとかかえ、ふたかかえもあるような、スギの大木がニョキニョキと、曇った空にそびえているのが、まるでお化けがおどっているように見えるのだ。
 文彦はそういうスギの大木にもたれかかって、さっきからしきりにからだをふるわせていた。こわいからだろうか。いや、そうではない。銀仮面が約束どおり、おかあさんを連れてきてくれると、きんちょうのためにからだがふるえてくるのだ。
 おかあさん、おかあさん……。
 文彦は心のなかで叫んだ。おかあさんさえ帰ってきてくれたら、ダイヤもいらない、小箱もいらない、なにもかも銀仮面にやってしまうのに……。
 どこかで、ホーホーと鳴くさみしいフクロウの声。池のなかでボシャンとコイのはねる音。遠くのほうでひとしきり、けたたましくほえるイヌの声……だが、それもやんでしまうと、あとはまた墓鑽石能量水 消委會場のようなしずけさにかわった。
 文彦は腕にはめた夜光時計を見た。かっきり十二時。ああ、それなのに、銀仮面はまだあらわれない。だまされたのだろうか。
 おかあさん、おかあさん……。 

Posted by 比類がない at 11:01Comments(0)

やがて思い

2015年10月16日

 文彦の答えに耳をかたむけていた老紳士は、やがてふかいため息をついて、
「文彦くん、きみはたしかにわしのさがしている少年にちがいないと思うが、念には念をいれたい。左の腕を見せてくれんか。また、さっきのようなことがあっては……」
 さっきのようなこととはなんだろう。そしてまた、なぜ左の腕を見せろというのだろう。……文彦はまた、なんとなくうす気味悪くなってきたが、そのときだった。あの奇妙な購物商店物音が聞こえてきたのは……。
 どこから聞こえてくるのか、隣のへやか、天じょううらか……いやいや、それはたしかに地の底から聞こえてくるのだ。キリキリと、時計の歯車をまくような音。……それがしばらくつづいたかと思うと、やがてジャランジャランと、重いくさりをひきずるような音にかわった。
 武蔵野のこの古めかしい一軒家の、地の底からひびいてくるその物音……それはなんともいえぬ気味悪さだった。

「おじさん、おじさん、あれはなんの音ですか?」
 文彦は思わず息をはずませた。老人もいくらかあわて旅遊市場分析たようだったが、しかし、べつに悪びれたふうもなく、
「そんなことはどうでもよい。それよりも文彦くん、早く左の腕を見せておくれ」
 物音はいつの間にかやんでいた。文彦はしばらく老人の顔をながめていたが、きって上着をぬぐと、グーッとシャツのそでをまくりあげた。老人はくいいるように、左の腕の内側をながめていたが、
「ああ、これだ、これだ。これがあるからには、きみはたしかにわしがさがしていた文彦だ」
 老人の声はふるえている。それにしてもこの老人は、いったいなにを見たのだろう。
 文彦は左腕の内側には、たて十ミリ、横七ミリくらいの、ちょうどトランプのダイヤのような形をした、|菱《ひし》がたのあざがあるのだ。文彦はまえからそれを知っていたが、いままでべつに、気にもとめずにいたのだった。
「おじさん、おじさんのいうのはこのあざのことですか?」
「そうだ、そうだ、それがひとつの|目印《めじるし》になっているんだよ」
「それで、おじさん、ぼくにご用というのは……」
「実はな、あるひとにたのまれて、ずうっとまえからきreenex 膠原自生みをさがしていたんだよ。やっと望みがかなったわけだ」
「おじさん、あるひとってだれですか?」 

Posted by 比類がない at 16:41Comments(0)

お話あるじゃ

2015年10月13日

 しまった。
 口にしてから、小さな後悔が生まれた。
 案の定。リンの右眉が小さく痙攣している。
 リンは子ども扱いされるのを極端に嫌う。解っていたハズなのに。
 余計な一言が多い。小学生の通信簿に書かれていた事を思い出す。
「いや、あのね」
「ご親切鑽石能量水 消委會な忠告ね。どうも、ア?リ?ガ?ト!」
 鳴海の弁解よりも早かった。
 電光石火の如きリンの踵が、鳴海の足を踏み抜く。
 体格のハンデを物ともしない。見事な攻撃。
 あまりの痛みに息を呑んだ。
「まったく、近頃のガキは生意気ね」
 そう言い残し、パイプ椅子にどっかりと腰を下ろした。
 このテーブルの上座はリンの指定席だ。
「酷いよ。リン」
「言葉の暴力には、肉体の暴力よ」
 相変わらずの発言。小柄な中醫針灸がら暴帝の貫禄は十分だ。
 呆れる鳴海を気にする事もなく。ノートパソコンの電源を入れる。
「でも、じゃあなんでライターなんて」
 対面、下座のパイプ椅子に鳴海が座った。
「その小型点火器はアタシが造ったのよ」
「リンが?」
 途端に胡散臭く思える。
「ほら、ランプを擦ると魔神が出てきてってない。あれをヒントにしてね」
「じゃあ、魔神が出てくるとか?」
「そうよ。あれを点火すると、封印が解かれて出てくるってワケ」
「それはスゴイよ! なんでも願いを叶えてくれるんだよね」
 鳴海の脳内にアラビアンな格好で横たわる自分と、その周囲で舞い踊る美女達の
イメージが浮かんだ。
 驚くほど貧相なハーレムのイメージ。

「ううん。そこまで仕込むの鑽石能量水 消委會は面倒だったからさ。魔神を呼び出すだけ」
「へ?」
「だからさ、ただ出て来て、暴れるだけだってば」
「え?」 

Posted by 比類がない at 17:30Comments(0)