イソジン

2016年01月27日

イソジンが変わる?
うがい薬で有名な「イソジン」ですけど、2016年4月から塩野義製薬が販売することになったそうです。

「それが何?」なんて声が聞こえてmiris spa全身按摩きそうですが、実はこれまでイソジンは明治は販売していたのですが、これは明治が国内で作って売る権利をイソジンの商標を持っているアメリカのムンディファーマとの契約によって成り立っていたもので、どうやらこの契約が切れて、明治に代わり塩野義製薬が一般医薬品の独占的な販売契約を結んだのだそうです。

とは言え混乱しそうなのが、イソジンでお馴染み尖沙咀按摩のカバのキャラクターは明治が引き続き使用するとのことで、イソジンと同じ成分の商品を販売するそうです。

イソジン
まぁ、これまでのイソジンと全く同じ商品の名前が代わって出てくるだけならまだしも、「イソジン」という名前の製法違いの別の商品も出てくるわけですから、消費者側の混乱は避けられないでしょうね。
これまでイソジンの効き目があった人は2014年4月以降は「イソジン」を買うのではなく、カバのパッケージの「明治うがい薬」を購入しなければmiris spa按摩なりませんし、かたや2014年4月からの「イソジン」にもカバのキャラクターを使用したパッケージが登場してくるようですから、ますます混乱しそうです。 

Posted by 比類がない at 17:21Comments(0)

んだと思う

2016年01月07日

「そうじゃないの。考えを変えたわけじゃないのよ。絶対にうまくいかせたいと思ってるから、何かミスがないかを確認したいだけなの」
 彼女の声には取《と》り繕《つくろ》うような響きがあった。昭夫の機嫌を損ねてはいけないと思っているようだ。
 彼はせわしなく煙草を吸い、早々に一本を灰にした。
「二人で何度も計画を見直したじゃないか同珍王賜豪。その上で、これならうまくいくはずだという結論を出した。後はもう運を天に任せるしかない。俺はもう腹はくくったんだ。おまえも今さらじたばたするな」
「だから、じたばたしてるわけじゃないんだって。何か見落としがないか、確かめたいだけ。あたしだって覚悟は決めてるわよ。さっきだって、うまく演技したでしょ。刑事、どんな顔をしてた?」
 昭夫は首を傾げた。
「どうかな。おまえの声を演技だとは気づかなかったと思うけど、どこまで印象に残ったかはわからんな」
「そうなの?」八重子はやや失望したようだ。
「実際に婆さんが暴れているところでも目にすれば、かなりインパクトが強かったと思うんだけど、そんなわけにいかないもんな。──ところで、婆さんは?」
「さあ……部屋で寝てるけど同珍王賜豪
「そうか。──直巳は何をしている?」
 昭夫の問いに八重子は即答しない。眉根を寄せ、考え込んでいる。
「なんだ、またゲームか」
「違うわよ。あの子にも計画を話したから、それについていろいろと考えているんだと思う。あの子だって、すごく傷ついてるんだから」
「多少の反省が何になるというんだ。とにかく、ちょっと呼んできなさい」
「何する気? 今ここで叱ったって──」
「そんなことしないよ。今度の計画をうまくいかせるためには、俺たち全員が完璧に嘘をつきとおさないといけないんだ。少しでも辻褄《つじつま》の合わないことがあれば、警察は徹底的にそこをついてくるぞ王賜豪主席。だから予行演習をしておきたい」
「予行演習?」
「警察は直巳からも話を聞こうとするだろう。その時に話がしどろもどろになったり、矛盾が出てきたりしたらまずい。しっかりと打ち合わせておかなきゃ、尋問は乗り切れない。だから俺が事情聴取の予行演習をしてやるといってるんだ」
「そういうことなの……」八重子は目を伏せた。何やら考え込んでいる様子だ。 

Posted by 比類がない at 17:10Comments(0)