お話あるじゃ

2015年10月13日

 しまった。
 口にしてから、小さな後悔が生まれた。
 案の定。リンの右眉が小さく痙攣している。
 リンは子ども扱いされるのを極端に嫌う。解っていたハズなのに。
 余計な一言が多い。小学生の通信簿に書かれていた事を思い出す。
「いや、あのね」
「ご親切鑽石能量水 消委會な忠告ね。どうも、ア?リ?ガ?ト!」
 鳴海の弁解よりも早かった。
 電光石火の如きリンの踵が、鳴海の足を踏み抜く。
 体格のハンデを物ともしない。見事な攻撃。
 あまりの痛みに息を呑んだ。
「まったく、近頃のガキは生意気ね」
 そう言い残し、パイプ椅子にどっかりと腰を下ろした。
 このテーブルの上座はリンの指定席だ。
「酷いよ。リン」
「言葉の暴力には、肉体の暴力よ」
 相変わらずの発言。小柄な中醫針灸がら暴帝の貫禄は十分だ。
 呆れる鳴海を気にする事もなく。ノートパソコンの電源を入れる。
「でも、じゃあなんでライターなんて」
 対面、下座のパイプ椅子に鳴海が座った。
「その小型点火器はアタシが造ったのよ」
「リンが?」
 途端に胡散臭く思える。
「ほら、ランプを擦ると魔神が出てきてってない。あれをヒントにしてね」
「じゃあ、魔神が出てくるとか?」
「そうよ。あれを点火すると、封印が解かれて出てくるってワケ」
「それはスゴイよ! なんでも願いを叶えてくれるんだよね」
 鳴海の脳内にアラビアンな格好で横たわる自分と、その周囲で舞い踊る美女達の
イメージが浮かんだ。
 驚くほど貧相なハーレムのイメージ。

「ううん。そこまで仕込むの鑽石能量水 消委會は面倒だったからさ。魔神を呼び出すだけ」
「へ?」
「だからさ、ただ出て来て、暴れるだけだってば」
「え?」  

Posted by 比類がない at 17:30Comments(0)

責任者はこ

2015年09月25日

「われわれの光だ」
「さよなら」とか「なむあみだぶつ」
「その仏さまのようなお顔は、決して忘れず、いつまでも語りつぎますぞ」
 手を振るやら、ふしおがむやら、泣き出す者やら、老若男女の人の渦。
 しかし、そのなかでただひとり、こうどなったやつがいた。
「この大泥棒のばかやろう」
 これこそ次郎吉。おれが苦心さんたん、だれも迪士尼美語 好唔好傷つけず、殺さず、火もつけず、亜流をやっつけ、ここまで築きあげた人気と伝説。それをあのにせ者め、さっと盗みとりやがった。
 民衆も民衆だ。おれからめぐまれたやつが、いっぱいいる。おれは盗んだ金のことは忘れても、だれにめぐんでやったかはみんなおぼえている。
 まわりの民衆が次郎吉をどなる。
「あんた、なんてことを言うんだ。江戸っ子の恥さらしめ。ねずみ小僧さまは立派なかただ。あんた、あのかたから金を盗まれたか。あのかたは、あんたのような人から金を盗むわけがない。このばか。ぶっ殺すぞ」
 殺気だったまわりの連中に袋だたきにされながらも、次郎吉は馬の上のうっとりした表情のにせ者にむかって、叫ぶのをやめない。
「この、うすぎたない泥棒やろうめ。あんなやつを出現さ卓悅せるなんて、神も仏もないのか。やい、泥棒。きさまなんか人間のくずだ。犬畜生よりも劣る……」

 江戸からかなりはなれた地方の、ある藩。さほど大きな藩ではない。しかし、よくまとまっており、なにも問題をかかえこんではいない。平穏と無事のうちに日々が過ぎてゆく。
 しかし、いま城中の奥まった一室において、藩の上層部の者たちによる会議が開かれていた。会話が盗み聞きされないよう、厳重な警戒の上でだ。上層部とは城代家老と、そのほか三人の家老、さらに町奉行、勘定奉行、寺社奉行、合計七人。藩の要職といえば、このほかに藩主
と、江戸づめの家老二人がいる。だが、殿はいま|参《さん》|勤《きん》|交《こう》|代《たい》で江戸に出ており、江戸家老もそちらの仕事でいそがしい。つまり、藩の運営の実質的なの七人といえた。
 年配の城代家老が、手紙を示しながら、しかつめらしく深刻な表情で言った。
「じつは、江戸屋敷から手紙がまいった。内容はこうである。先日、殿が江戸城へ登城した時、幕府の役人から、貴藩はこのところ景気がよろしいようで、けっこうでござる、と話しかけられたとのこと。それに対し殿は、いや、とんでもござらぬ、わが藩でゆたかなのは将軍家へ
の忠誠心のみとお答えになった。このことを殿から聞き、江戸家老Dream beauty pro 黑店はさっそくこちらに報告してきたというしだいだ。どうも心配でならぬ」
 若い寺社奉行が発言した。
「そのようなことが、なぜ問題となるのですか」  

Posted by 比類がない at 18:12Comments(0)

柔らかい表情

2015年09月18日

「珍しいですね、桐谷さんが誰か連れて来るなんて」
お友達ですか、と訊いた川島に曖昧に頷いて、桐谷はメニューを受け取る。

「何食いたい?」
アキにメニューを渡しながら訊ねる。
「桐谷さんが作ってくれるん?」
「ああ」

「あ、俺オムライス食べたい。このデミグラスソースのやつ」
真剣に写真入りのメニューを雋景眺めていたアキが、嬉々と指をさして言った。
「お前、ほんと味覚がガキだな」
からかうように言うと、いいやんか、とアキは拗ねるように返した。
「ドリンクは?」
「えっと。。。アイスラテを、ください」
わかった、と言ってアキの手にしたメニューを上から抜き取ると、桐谷はキッチンに入った。


作業をしながらカウンター越しに店内へ目をやると、他の女性客がちらちらとアキに視線を送っていることに気付いた。
この店に男性が一人で来ることは稀だからという理由もあるだろうが、アキの外見は目立つ。視線の理由は主に後者だろう。

「すっごく目をひく人ですね」
デミグラスソースの入ったケースを冷蔵庫からDream beauty pro 好唔好取り出しながら、川島が声を掛けてきた。
「びっくりしました」
「そんなに目立つか?」
「や、それもですけど」
「何」
卵黄と生クリームを混ぜていた手を止めて、その先を促す。

「桐谷さんが、すごくしてるから」

「。。。そうか?」
「そうですよ」
いつもは硬いのか、と突っ込みたくなったが、やめておいた。

二人分のオムライスを作り、私服に着替えて席に行くと、アキは心底ほっとしたような顔を見せた。
「何固まってんだ」
「なんかめっちゃ見られてる気ぃする。。。なんでやろ。。。俺、どっか変かな」
自分の身体を確かめるように見回して首を捻るアキ雋景に苦笑しつつ、皿とグラスを並べて桐谷も席に着いた。  

Posted by 比類がない at 16:08Comments(0)

触感はパリパ

2015年09月04日



サンサンと照りつける太陽の下、通行人でごった返す人々をしり目に、僕は今、ここへ来て初めての食事にありついている。今僕がいただいているのは、小麦を粉末状にした物に水と少々の調味料を加え、粘度が出るまで混ぜる。それを今度はミリ単位で細かく分割し、そして油と香辛料を加えた鍋を使い炒める。さらにその上から、卵、酒、肉、そして体によさそうな緑黄色野菜をふんだんに盛り込ん願景村 邪教だ物を加えつつ火力を最大限に駆使し火を通す――――
 そうして出来上がった、某有名ラーメン店仕様の野菜ましましチャーハン”もどき”は、これがどうして中々、食が進む

「はふっはふっ、ガツガツ……」

 米がないから代わりに小麦で代用しました。と言わんばかりのけち臭い創作料理が、それはそれは喉が詰まるくらい美味いのだ。油で炒めているため、リっと火を通した米のそれに近く、そこにピリリと香辛料の鋭い辛さが舌を刺激する。その刺激された味覚をフォローするように、これまた見たことない形の野菜が辛味を優しく解きほぐす。

「うっま! なにこれ! ほんとうまい!」

「食べ方が汚いのよ。どこの没落貴族よアンタ」

「このじろう風ましまし野菜が願景村 邪教効いてるっすね。何すかこれ」

「さぁ……多分なんかの薬草だと思うけど。てかじろうって何よ」

 なるほど、少々苦味がするのはそれのせいか。この効果により消化を促進し、過剰に摂取された偏る栄養分を調整しようと言う腹だな?だがしかしこの苦味が、実にいい具合に深みを出しており、苦いのに繰り返し頬張りたくなるほど病み付きになる。この感覚はおそらく、酒の席に出される塩気の聞いた”アテ”のような、中毒性のある苦味って奴なのだろう。

「じゃあ健康面もばっちりっすね!」

「じゃあの意味がわかんないわ」

 苦味に病み付きになる自分に、大人への階段を一願景村 邪教歩登った気がした。興奮気味にメシを胃袋につぎ込む僕を、大魔女様はまるで汚物を見るかのような目で僕を見てくるが、そんな侮蔑の視線などなんのその。
 今までの空腹も手伝い、食が満たされる感覚が僕の体を支配していく――――

「どうでもいいけどさっさと食べてよ。あんまりちんたらしてらんないんだからさ」

「はふっはふっ! ふぁい!」
  

Posted by 比類がない at 12:14Comments(0)

認めない

2015年08月31日



 昇格のことを聞いた時の艦長の喜ぶ顔が浮かんだ。
「ミラバ艦長」
 メレッサは改まった態度で言った。
「はい」
「あなたは、たくさんの船を鑽石能量水指揮してみたいと言っていたわね」
「はい」
「20隻ほどの船の指揮をしてみない?」
「……」
「あなたに、ルビル守備隊長をやって欲しいの」
 艦長は驚いていたが、すぐに困惑の表情になった。
「なぜ、私に?」
 理由を質問されるとは思っていなかった。
「でも、艦隊の指揮をしてみたいと言っていたでしょう」
「ですが、私は出世コースから外れた万年艦長です。セラブ提督がでしょう」
 セラブ提督の承認が必要だと言うのか。自分の権力は制度上だけのもので、実際にはこのようなことを決める力はないと。
「セラブよりあたしの方が上よ」
 かなり、むかついて言った。
「姫君、このような人事を好みで行なってはいけません。守備隊長には私よ鑽石能量水りもっと適任の艦長がいるはずです」
 艦長は子供を諭すように言う。
 メレッサは怒りがこみ上げてきた。始めて自分の意志で何かを決めようとしているのに、回りから反対される。そして一番喜んでくれるはずの人からも反対される。
「指揮をしてみたいって言ってたじゃない」
 メレッサは怒りをぶちまけた。
「姫君のお心は、ありがたいのですが」
 艦長は丁寧に断る。
 メレッサはどうしょうもない怒りと脱力感に襲われた。自分にはなんの力もない。権限だけでは人は動かないのだ。
 たぶん、ひどい顔をしている。艦長にこんな顔は見せられない。メレッサは艦長に背を向けると数歩離れた。
「姫君、私が受けないとお困りになるのですか?」
 困る、コリンスにどう言えばいい。ふと、さっきコリンスに言っ鑽石能量水た理由を思いついた。
 振り返って艦長を見た。
「私は、このルビル攻撃軍を父からもらったでしょ。でも誰も親しい人がいない。だから私の気持ちが理解できる人に重要なポストにいて欲しいの」
 怖い目で艦長を睨みつけるように見つめた。  

Posted by 比類がない at 15:31Comments(0)抽脂

っと集中できへん

2015年08月18日



 たくさんの厚紙のイメージは、焦点が合うように鮮明になった。マジックインキで、1から144までの数字が書かれている。かなり癖のある、母親の字だ。
 信一の前には、母親が苛立《いらだ》った表情で座っていた。手には、九九の式を書いた大判の画用紙を持っている。信一には、これまでの経験から母親のHIFU 瘦身顔色を読んで、すでに爆発寸前であることがよくわかっていた。心の中で、気をつけた方がいいぞと警告する声が聞こえる。だが、信一には、すでに椅子に座っていること自体が苦痛でしょうがなくなっていた。彼はもぞもぞと身動きし、頻繁に溜《た》め息をついた。
『八九は? 信一。八九は? さっき教えたでしょ?』
 信一は腹が減って混乱し、完全に嫌気が差していた。こんな事は、もう続けたくない。それでも、母親の指し示す紙に注意を払おうとはしていたのだが、つい疲労から、よそ見をしてしまった。とたんに、容赦なく母親の手が飛んできた。
『信一!』
 信一は、わっと泣き出した。すると、母親はますます激昂《げつこう》する。
『なんで泣くの? 全部、あんたのために、やってるんやないの!』
 母親は、画用紙をテーブルの上に叩《たた》きつけた。小さな子供にとっては、その激しい剣幕は、大人には想像がつかないくらいの恐怖だった。
『どうしてわからへんの? え? どうして、もの? え? 言いなさいよ。ママが、こんだけ一生懸命になってるのに、なんで、あんたは、いっつも、いっつも、そうなのよ!』
 髪の毛をつかまれて、ヒステリックな打擲《ちよreenex好唔好うちやく》を受けながら、信一は、また激しく泣いた。幼心に、すべて自分が悪いんだと思っていた。自分がダメだから、ママをこんなに怒らせてしまったのだ……。
 その後の記憶は、空白になっていた。だが、ひどい目に遭ったという感じだけは残っていた。
 信一は、話しながら、いつのまにか涙を流していた。
『憂鬱な薔薇』おばさんや『ファントム』君は、うなずいたり、相槌《あいづち》を打ったりして、信一への共感を示してくれた。『美登里ちゃん』は、黙って大きく目を見開いていた。まるで、彼の悲しみを、すっかり共有しているかのようだった。
 全員の質問に答えながら、信一は、さらに記憶を辿《たど》っていく。彼に対する革新的な『早期教育』は、母親の献身的な努力も実らず、結局は失敗に終わったらしい。幼稚園にいる間に、信一は、九九だけでなく、ひらがな、カタカナ、アルファベット、小学校四年生までに習う漢字、簡単な英単語、それに小倉百人一首などを暗記していたが、それでも、母親の遠大な計画と心づもりからすれば、てんでお話にならなかった。
 小学校に入学してからは、今までの『失敗』を一気に挽回《ばんかい》すべく、信一の一週間は、ぎっしりと塾やお稽古《けいこ》ごとで埋められた。
 月曜日は英会話。火曜日は進学塾と書道。水曜日は算数教室。木曜日はピアノ。金曜日旅遊景點は再び進学塾。土曜日はバイオリン。日曜日は、水泳と家庭教師による徹底指導……。そしてまた、新たな一週間が始まる。それは、決して終わることがない永遠のサイクルのように思われた。
 信一の日常は、『効率』によって支配されていた。ぼんやりと空想に耽《ふけ》っていたり、ぶらぶらと野原を歩いたり、川に向かって意味もなく石を投げたりといった無駄な時間は、周到に排除されていた。  

Posted by 比類がない at 18:14Comments(0)願景村

相手にしなくて

2015年08月06日

「いいから部屋に戻ってください」
 彼は戸惑うような表情でその場に立ちすくんだ。
「あなたに聞きたいことがあるの」
「芳子、彼には関係ないでしょう」
「ゲイなんでしょう。どうやって兄さんを誘惑したの?」
 単刀直入な言葉に、彼は表情を強張らせた。
「あなたはまだ若いんだから、こんなおじさmask house 面膜んをもほかにいい人がいるんじゃないの」
 彼は貝のように口を閉ざし、妹の恋人に肯定も否定もしない。
「黙ってないで、何か言ったらどうなのよっ」
 妹は猫のような俊敏さでスツールから立ち上がると、彼に近づいた。おもむろに彼の頬に平手打ちする。松下は真っ青になって駆け寄り、妹にされるがままの彼を自分の背に隠した。
「愛想のいいふりで、よくも私を騙してくれたわねっ。兄さんも兄さんよ。こんな子に私の案内を頼むなんて、どんな神経をしているのよっ」
 可愛い子だと、頭のいい子だと言っていた。彼のことを気にmask house 面膜入っていたはずなのに、恋人だとわかったとたん、ひどい言われようだった。
「僕が軽蔑されるのは仕方ありませんが、彼にあたるのはやめてください」
 松下は背後の彼に、チラリと耳打ちした。
「部屋に戻ってください」
「でも…」
 ここにいたらそれだけで彼は妹の集中砲火を浴びる。話をしている間に、妹は再び近づいてきて彼の腕をつかんだ。
「出ていきなさいよっ。よくそんな平然とした顔で私の前に立っていられるわね。少しは自分のしていることを自覚したらどうなの」
 松下は強引に二人の間に割って入った。
「兄さんも兄さんよ。男の恋人と暮らすなんて恥ずかしいことをしないで、現実を見てよ」
「僕には現実が見えてます。君が言うほど、自分が愚かmask house 面膜だとも思ってない」
 妹が鼻先で笑った。軽く腕組みをする。
「そんな上っ面だけのおままごとみたいな恋愛がいつまでも続くわけがないじゃない。あなたも早く別れたほうが身のためよ」
 彼は沈黙のまま妹の言葉を聞いていた。
「明日はホテルに泊まるわ。この部屋であなたたちと一緒に空気を吸っているのでさえ、もう我慢できないの。それから母さんには話をするわよ。兄さんがなんと言おうとね」
「やめてくださいと言ってるでしょう」
「じゃあその子のこと、自分で母さんに紹介して。恋人です、好きなmask house 面膜人ですって。兄さんは自分が振り切ってきたもの、置いてきたものをこれを機に直視するといいのよ」
 妹はフッと笑った。  

Posted by 比類がない at 14:30Comments(0)醫療咭

相見別離太匆匆。銘記

2015年07月27日




寒蟬淒切,對長亭晚。芳草淒淒的楊柳岸,細雨飄搖,刺骨的寒風抵不過內心的淒苦。單薄的身影在細雨微風中靜靜佇立。一把油紙傘可以撐起一方流淚的天空,卻承接不住眼底隱忍的淚,任它跌落地粉身碎骨。

遙望天際,煙波江上的客舟中,遠行人擠滿船頭。雨水打在臉上,打在身上卻絲毫不知,只深深地凝望著,想要將這畫面定格在腦海中,深深銘記。相見別離牛奶敏感太匆匆,隔江遙望,千言萬語道一聲“珍重”。

淅淅瀝瀝,淅淅瀝瀝……秋雨秋思愁煞人。雨密密地斜織著,欲網行舟,怎奈東邊日出西邊雨,觸手而不可及,咫尺卻是天涯。無奈的看著它漸行漸遠……

客舟終消失在視線裏,雨中沙鷗徘徊於江上,看送行之人“一看腸一斷”地慢慢轉嬰兒敏感身消逝後,留下一聲聲悲鳴響徹天際,經久不絕。

雨順著紙傘無聲無息地滑落,滴滴相連,串串相接,似哭訴著一別之後,兩地相思的哀怨。慢慢地滴落再濺起,似傳遞著心碎的聲音。雨滴和著淚水融入這江中,在江上泛起點點漣漪,帶著微鹹與淡淡的苦澀隨波逐流,送舟而行,伴你遠去。

在靜靜地等待中,看著生命中的過客,一個個牛奶敏感突然闖入,又一個個擦肩而過。終是沒有你的身影……

在靜靜地等待中,迎來了一個又一個的盛夏,送走了一個又一個寒冬。蹉跎了歲月,終沒有我與你相遇的季節……

在靜靜地等待中,忘記了等待的初衷,只知道我要等待……
  

Posted by 比類がない at 15:18Comments(0)醫療咭

別哭泣每一個故事都有傷痕

2015年07月20日



又是一年冬天來。春天的勃勃生機,到夏天的酷暑,秋天的收穫,冬天的凋零,一年中,有太多的故事可以一點一滴地道來。

今年的冬天,很少下雨。這不,就在昨天下午,我終於第二次願景村 邪教看到天落下了雨滴,一個月前,我家的屋頂曾經有雨水的光臨,但很短,農民們都說再下點雨就好了,地裏的油菜要幹啦。

今天的雨一直下著,從昨天下午開始,一直到今天。早上,當我出門時,看到滿地的銀杏樹葉被雨水帶下,心裏升裏一種憐惜之情。

院子裏有一條不寬的人行道,一邊有排成行的銀杏樹。我看著她們成長,看著他們在冬天到來時,總是紛紛披上了金色的光芒。當你仰面朝她們望去,會發現,冬天雖然冷漠,有了銀杏樹,空氣中都願景村 邪教帶著亮麗的色彩,讓你不由自主地停下腳步,好好地觀察一番,深深地呼吸與歎息。

下雨了,我的手有點冷冰冰。冬天的每一場雨,都預示著三九天的逼進。冬天的雨,還有預警的作用,比如提醒你要注意保暖添加衣服了,特別是對於那些體質弱弱的老年人。

我經常聽同事們聽朋友說,當然還有我的老公,他們說什麼呢?我不喜歡冬天,太冷了,衣服穿得多,真不方便,睡覺的時候一件件地脫,醒來的時候一件一件地穿,多麻煩,還是夏天好。於是大家都說夏天好。可是,到了夏天,同事朋友還有我的老公都說:還是冬天好。你說滑稽不滑稽。

下雨了,雨在下午又變成了雪籽。劈哩叭啦,一個勁地下。早間天氣預報也播了,明天的氣溫最低達到零下五度。這在南方算很低的溫度,在北方不算啥。如果想有個雪花飄飄的世界,非得有很低的氣溫陪伴,要等雪花飄落,還得候多日。

何止是銀杏樹葉紛紛凋零,那公路兩邊的各種綠化樹也紛紛落葉飄下,速度之快,連秋風都歎息。

我望著窗外,天空,灰暗一片,不見藍天,只見綠色紛紛離開養育它們的母親,獨立飛舞這個世界,自生自滅;獨立於這個世界的泥土上,可能泛起的救死扶傷精神。天,一直見證著人世間的一切現象。不會因為冬天存在的缺陷而收回雨珠或雪花。

轉眼又是一年冬天來到,我經歷了人生中許多的故事。而每一個故事都有傷痕、教訓、收穫與歡呼。

確實,一個人不經歷與自然的交流以及人與人的共事,怎麼能茁壯成長呢。

風來了,雖然不大,風帶著雨滴,飄搖著,朝我撲來,不過,被擋在了玻璃窗外。風,很掃興地掠過。

剛才的雪籽就下了一會,被溫度給化掉了。我還是喜歡雪,不喜歡雨。不過,我喜歡雪天的景色,不喜歡雪後的情景,因為,任何美麗的事物,都有它另類的一張面孔。

徜徉中,我跟著思緒下樓了。停留在上午拍圖的地方,水泥地上,一片片雪纖瘦銀杏樹葉在雨水的倒映中,顯得更加玲瓏乖巧,她們並不因雨的橫掃而產生畏懼,並不因冬天的寒冷而收回光芒,她們密密麻麻地像一個集團軍一樣,像方陣一樣,朝著天空更特色地,由稀稀,到層層地疊加,以至於,讓每個過路的人都停下腳步留戀著,並小心翼翼地躍過。連小汽車都一輛輛地在一旁靜靜地欣賞這美與美侖美奐的冬天這邊獨好。

銀杏葉,請盡情地張開你美麗的弧線,盡情地張開你燦爛的笑臉,蓄積,蓄勢,向著天空,勃發。  

Posted by 比類がない at 14:46Comments(0)DR集團

有種愛淨重21克

2015年07月14日



男孩和女孩是高中同學,隔著一條過道鄰桌。女孩聰慧美麗,有一大群的愛慕者,男孩清秀寡言,從不主動和其他女生說話。女孩有時也會隔著過道觀察她的鄰桌,見這個男孩在專注地算題,鼻尖滲出一層細細的汗珠,女孩就會很奇怪這個沉默的男孩子天天都想些什麼。
男孩有時也會和女孩討論問題,但從來願景村都是就題論題,從不引發其他話題。但女孩還是發現了一些端倪。男孩每一次考試前都要借女孩的鉛筆用一下,再還回來時鉛筆已經削得圓圓滑滑,沒有一絲刀削過的痕跡,像一件精美的工藝品。女孩拿著它在考場作題心裏不禁一陣感動。再後來女孩每次考試前都把鉛筆磨得短短的,好讓男孩更有理由為她削鉛筆。
也算是一種默契吧,男孩和女孩都小心翼翼地呵護著這份秘密。但那一次,女孩發現男孩還鉛筆時有些異樣。女孩打開文具盒,發現裏面有一張紙條。那是女孩收到的最沒有文采的一封情書:我對你的愛淨重21克。為什麼只有21克呢?女孩想,這麼小氣的傢伙。女孩不禁微微生氣了。
那是週六學校特意安排的一次數學摸底考試。為了防止學生作弊,學校在全校範圍內劃分了考場,男孩被分到了外班,而女孩則留在了原教室。男孩準備去考場的時候看見女孩正在和前排的一個男生說笑。女孩從書桌裏拿出一大疊稿紙的時候看見男孩正手足無措地站在旁邊。女孩嫌男孩的情書寫得不合心意就
故意氣他。女孩把她的稿紙撕下一疊對坐在前排的男生說,送給你了。男孩的臉有些漲紅,但他還是輕聲地對女孩說,你可不可以也給我一些紙啊。女孩繃著臉說:“我為什麼給你啊?”女孩看男孩的臉瞬間變得蒼白,驚慌地看了女孩一眼,轉身退去,身體撞上了旁邊的課桌。
星期一發佈的數學考試成績出乎所有人的意料,數學成績一向峇里島機票不錯的男孩竟然沒有及格。數學老師很是氣憤,當著全班同學的面在課堂上狠狠地批了男孩一頓。女孩有些心虛,想自己是不是應該向男孩道歉,可是那樣自己多沒有面子啊,而且她應該以什麼理由道歉呢。這樣猶豫著,一直到放學。回家的路上女孩想明天吧,明天給他寫個紙條。
女孩的紙條沒能送去,第二天男孩沒有來上課,第三天就聽到了男孩轉學的消息。
女孩想不到在她面前說話一貫輕聲細語的男孩竟是這麼的驕傲和容易受傷害。這樣的男孩不要也罷,女孩安慰自己。
人的記憶總是傾向於記住快樂而抹去那些不快吧,女孩漸漸模糊了男孩的印象,只是偶爾會記起曾經有一個男孩那麼用心地為她削過鉛筆。
後來女孩上了大學。在青春無憂的大學校園裏,女孩的美麗像花朵一樣肆意地在盛開著,她理所當然地成了眾人的焦點。女孩收到的眾多的情書裏有一首詩讓她特別心動。後來女孩就和寫詩的男生戀愛了。月下花前,江畔柳岸,所有的程式都溫習了一遍之後,女孩才知道男生的那首詩是抄的。女孩雖然和男生大吵了一架,但還是原諒了男生。女孩想也許這就是所謂的緣分吧,如果結果是註定的,那又何必刻意強調它是如何開始的呢?
女孩和男生又和好如初。但是裂開的紋縫又如何能無視它的存在呢?尤其是在年輕驕傲的女孩眼裏。如果我們相愛,就讓我們共同努力吧,女孩在心裏對自己說,她希望男生也能聽見。
一個週末晚上,女孩想讓男生陪她去看電影,但男孩卻期期艾艾地說今天晚上有一場很重要的足球實況轉播。女孩突然有些生氣,到底是我重要還是足球重要?女孩提高聲音說:“你到底去不去?”男生顯然也生氣了,斷然說道:“不去。”女孩冷笑:“可是你說的哦。”女孩拉住旁邊經過的一個長頭髮男生說:“同學陪我看電影好嗎?”那男生驚詫地打量了女孩一下,立刻眉開眼笑地答應了。女孩拉住那人就走。男生搶過去,粗暴地推開那長頭髮男生,對女孩吼道:“我不准你去!”女孩冷笑:“你少管我,你以為你是誰啊。”男生的臉色變了。“啪”的一聲,男生的手掌打在了女孩的臉上。兩個人同時驚呆了。眼淚開始在女孩的眼眶裏打轉兒,女孩咬了咬牙。“啪”的一聲,女孩重重地回摑了男生一巴掌,說:“從今以後咱們生髮食物兩不相欠,各走各的路。”然後女孩跑回了宿舍。
也許說得太情斷義絕了吧,男生再也沒打電話過來。女孩大病了一場。病癒後的女孩夜晚在校園裏亂逛。走到學校放電影的禮堂,女孩就信步走了進去。
女孩坐在座位上,呆呆地看著銀幕,怎麼也無法投入到電影的情節裏,但她卻異常清晰地聽見旁邊一對情侶的對話。
“為什麼電影的名字叫《21克》呢?怪怪的!”女的問。
“小傻瓜,”男的停頓了一下,估計是捏了捏那女生的鼻子,接著說,“21克是靈魂的重量。西方人傳說人死後體重會減少21克……”
21克,21克,女孩喃喃地說著,過去的時光像潮水一樣洶湧而來。女孩突然覺得心像被一個針尖刺中一樣地疼,她把手捂在眼睛上,眼淚卻擋也擋不住,順著她的指縫無聲地向下流淌……  

Posted by 比類がない at 11:16Comments(0)願景村